>

選ぶすべき壁紙の種類

白やベージュが良い場合

柄がついていると華やかに見えますが、派手になる可能性があります。
寝室やリビングがそのような壁紙では、落ち着かないかもしれません。
特に寝室はゆったり眠れるよう、落ち着ける雰囲気の壁紙がおすすめです。
そこで白や、淡いベージュを選択しましょう。
白やベージュだと汚れが目立つと思い控える人が多いかもしれませんが、シールタイプの壁紙なら簡単にはがせるので問題ありません。

汚くなったと思ったら、同じように貼り替えれば良いだけです。
またオシャレに見せるなら、木目調のデザインやタイル調のデザインがおすすめです。
すると、海外の住宅のような雰囲気を演出できるでしょう。
ナチュラルな空間になるので、癒される室内にしたい人に向いています。

子供部屋の模様替え

普段は子供が過ごす部屋ならかわいらしく、花柄などポップなデザインでも良いでしょう。
すると子供は、楽しく自分の部屋で過ごせると思います。
大人が過ごす部屋のようにシンプルな壁紙だと、無機質で子供は少し怖いと感じるかもしれません。
それでは1人で、部屋で過ごすことができないなどのトラブルが起こります。

子供部屋を貼り替えるなら、子供からも壁紙に対して意見を聞きましょう。
また親子で、貼り替え作業を行っても良いと思います。
自分で壁紙を貼り替えると子供は愛着が湧いて、丁寧に扱おうという気持ちになるでしょう。
さらに壁紙の雰囲気に合わせてカーテンや他の家具を選択することで、より明るい雰囲気の部屋に生まれ変わります。


この記事をシェアする